リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンターの理念

私たちは、患者様の生活を念頭に、急性期から在宅までの総合かつ継続的なサービスの提供を目指します。

リハビリテーションセンターのご紹介

当院のリハビリテーションセンターは各疾患別リハビリテーションに対応しており、医師の指示のもと理学療法士・作業療法士・言語聴覚士にてリハビリテーションを提供しています。リハビリテーションの対象となる方は脳血管疾患、整形外科疾患、呼吸器疾患、心臓疾患、がん、外科疾患、内科疾患など様々な疾患に対応しています。また、各疾患別の施設基準は最も充実したリハビリテーション提供【機曚隆霆爐鯔たしています。

病院内では一般病棟・回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟・療養病棟と急性期から生活期までの特徴の異なる病棟ごとにリハビリテーションスタッフを配属しています。それにより、各病棟のリハビリテーションスタッフが連携して適正に応じた継続的なリハビリテーションを提供しています。退院後のリハビリテーションにおいても外来リハビリテーション、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションと様々なニーズに対応可能であり、総合かつ継続的なリハビリテーションを提供しています。また、当院オリジナルの患者様教育手帳の配布や当院ホームページに自主訓練紹介動画を掲載しており、自宅での自主訓練が容易に行えるように取り組んでいます。更に、当院のリハビリテーションセンターは鹿児島県より地域リハビリテーション広域支援センターに指定されており、地域の方々へリハビリテーションの啓発と地域づくり支援など行っています。

リハビリテーションセンターの概要

リハビリテーションスタッフ数

※2021年4月1日 現在

各療法士のリハビリテーションのご紹介

理学療法士(PT:Physical Therapist)

ケガや病気などで身体に障害のある方や障害の発生が予測される方に対して、基本動作能力の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法を用いて、自立した日常生活が送れるよう支援しています。当院では理学療法士が医学的・社会的視点から身体能力や生活環境を評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成し、運動機能への直接的な治療や動作改善に必要な技術を用いて歩行などの基本動作能力の自立を図る為のリハビリテーションを提供しています。


(平行棒内での歩行訓練)

(階段昇降訓練)

作業療法士(OT:Occupational Therapist)

手や腕の脳卒中片麻痺・運動器疾患を有する患者様が日常生活を送るための機能訓練として、運動療法・物理療法・装具療法(スプリントの作成)等を行い、食事・着替え・トイレ・お風呂など日常生活に関わる活動の自立を支援しています。また、自宅内での役割を続けられるよう調理・掃除・洗濯・買い物の練習、趣味活動の開発、対人交流等の支援や生活の幅が広がる事を目的とした福祉用具の選定、自助具の作成と生活環境調整を行い「その人らしい」生活の獲得を目指しています。


(ペグを使用した手の運動)

(自助具を使用した料理訓練)

言語聴覚士(ST:Speech-Language-Hearing Therapist)

主に脳卒中等の疾患の影響から、言葉によるコミュニケーションに問題がある患者様(失語症や構音障害等)に対して言語機能や発声・発語の訓練を行い、周囲の人と円滑にコミュニケーションが行えるように支援しています。 また、食物をうまく飲み込めない、むせるといった食べることに問題がある患者様(嚥下障害)へは個別で咀嚼や嚥下訓練を行い、医師を含めた多職種で連携して安全に食事が摂れるように支援しています。


(物品を使用した言語訓練)

(嚥下機能の評価)

池田病院 先頭へ