MENU

ME課

池田病院 ホーム > ME課

ME課

ME課

はじめに

ME課

現在の病院において、高度医療を行う上では、多くの医療機器が欠かせないものとなっています。私達ME課では、常に安全な医療を提供できるように、病院内で使用している医療機器を中央管理し、各病棟の入院患者様が必要時に迅速に提供することで、安全に効率よく使用できるように精度管理及び保守点検管理を行っています。

ME課の理念

  • 知識と技術を高めチーム医療に貢献する
  • ME機器管理を徹底し安全性と信頼性の高いME機器を提供する

血液浄化業務

ME課

血液浄化センターでは、透析関連の機器が正確に 動作するように保守点検を行い、また透析治療中は患者様の血圧や意識レベルの低下に注意し、安全な透析療法ができるように日々心掛けています。

その他の血液浄化療法として、持続的血液浄化療法、血漿交換療法、二重膜濾過血漿交換、血液吸着療法、腹水濾過濃縮再静注法などがあり、それらの装置の操作、管理を行っています。

カテ業務

ME課

IVRセンターで行われている冠動脈造影(CAG)、冠動脈インターベンション(PCI)、下肢EVT、肝動脈化学塞栓術(TACE)、頚動脈ステント治療(CAS)、脳アンギオ、ペースメーカー植込みなどの直接介助や大動脈バルーンパンピング(IABP)等の機器の操作・メンテナンスを行っています。

また、地域ネットワークでの循環器・脳神経外科のオンコール体制で緊急手術等に対応しています。

高気圧酸素療法業務

ME課

高気圧酸素治療は大気圧よりも高い高気圧環境下で純酸素を吸入することで、病態の改善を図る治療です。また、気圧を高くすることで、体の中にできてしまった気体を圧縮し、再溶解することができます。その適応疾患は広く、脳梗塞、突発性難聴、腸閉塞、放射線潰瘍などに対して治療を 行っています。

人工呼吸器管理業務

ME課

人工呼吸器を常に安全に使用できるようにチェックリスト、マニュアルを利用した使用前点検、使用時の操作、保守点検などを行っています。

また、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査・治療にも取り組んでいます。

ME機器管理業務

ME課

輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸ポンプ、低圧持続吸引器、除細動器、電気メス、心電図モニターなどの医療機器の保守点検を行っています。

またこれらの機器を管理するデータベースソフトを作成し機器の購入、貸出・返却、稼動状況、点検修理履歴、廃棄まで管理しています。

その他

ME課

医療安全管理委員会と連携して人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器などの研修を看護部中心に実施しています。

コンテンツはここまで

池田病院

鹿児島県鹿屋市下祓川町1830 TEL:0994-43-3434

©Copyright 2008-2017 医療法人 青仁会 All Right Reserved.