平成29年度 池田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 14 29 45 94 221 474 602 744 204
【定義】
平成29年度に退院した患者の年齢階級別患者数です。

【解説】
主に50代以上の患者がご利用されています。全体の合計患者数は昨年度より105件増加しています。50代以上では全体の約90%を占めており、80代が最も多くなっています。昨年度と比較し50代以上の全階級において患者数の増加が見られます。当院では患者の年齢層が非常に高く、地域の高齢化を反映していると言えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 31 21.65 11.99 0.00 69.87
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 22.28 14.60 4.00 74.84
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 24 30.75 19.65 4.17 72.88
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 21 3.19 3.59 4.76 69.67
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 9なし 17 32.47 10.56 0.00 74.41
【定義】
呼吸器内科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。

【解説】
当院呼吸器内科では近年、肺癌に対する抗癌剤治療の件数が増えてきております。また、気管支内視鏡検査も実施しており、肺癌の診断から治療まで対応出来る体制を整えております。当院の平均在院日数が全国に比べ長くなっている理由として、平均年齢が69歳~70代半ばと高齢であり、併存症を多く患っている患者が多いため退院するまでに時間がかかるためこのような結果となっております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 37 8.65 11.44 0.00 77.65
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 19 8.68 9.85 10.53 78.11
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 8.38 10.61 0.00 79.38
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 9.90
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 手術・処置等2なし 11.43
【定義】
消化器内科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院消化器内科では、肝細胞癌に対する「肝動脈塞栓術(TAE)」が最も多くなっています。この手術の入院期間は計画通りに進めば10日以内で退院できる手術となっています。また、胆道系疾患(胆管炎や胆のう炎)の件数も増えており、比較的短期間で退院する患者が増えています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 154 4.14 3.03 0.65 71.95
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1、2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 119 5.98 4.62 0.00 69.41
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 61 20.93 17.71 1.64 86.90
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 28.85 20.83 0.00 85.15
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 12 22.83 15.87 8.33 76.00
【定義】
循環器内科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。


【解説】
当院循環器内科では狭心症等の狭くなった冠動脈(心臓に酸素や栄養を送る血管)に対する心臓カテーテル検査が最も多くなっています。また、カテーテルを用いて狭くなった冠動脈を広げる「冠動脈形成術」・「冠動脈ステント留置術」の手術件数も増えており、検査と手術を含めると年間270件以上のカテーテル関連の診療を実施しております。当院では急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル手術も実施できる体制を整えており、件数も徐々に増えてきております。また、心不全の症例も昨年度と比較し30件程度増えております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等 6.64
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 8.98
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.16
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 5.50
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20.83
【定義】
外科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院外科では腹腔鏡を用いた「腹腔鏡下胆嚢摘出術」や「腹腔鏡下虫垂切除術」を中心に診療を行っています。また、鼠経へルニアの件数も増えています。各症例は10件に満たないですが、様々な症例を幅広く診療しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 35 77.20 27.09 2.86 85.17
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 16 48.63 19.94 6.25 85.19
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 16 43.88 19.97 0.00 74.63
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 11 7.64 5.51 0.00 71.82
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 定義副傷病なし 4.17
【定義】
整形外科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院整形外科では大腿骨頚部骨折(下肢の付け根、股関節部分の骨折)の手術症例が最も多くなっております。また腰椎・胸椎(背骨)の圧迫骨折も多く、平均年齢が80代となっており、高齢者の転倒による受傷が多い事を表しています。上位5症例とも全国の平均在院日数と比較し長くなっている理由としては、急性期の治療後、回復期リハビリテーション病棟へ転棟し、リハビリを実施、受傷前と同等のADLまで回復させ、在宅復帰を目指しているためです。当院では、患者や家族が安心して在宅生活が送れるよう、時間をかけてリハビリを行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 3.07 3.14 0.00 72.86
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 13.21 3.25 0.00 75.21
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 18.58 7.34 0.00 55.83
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 36.27 16.38 0.00 71.73
010070xx02x0xx 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 手術・処置等2なし 11 20.09 10.05 0.00 77.36
【定義】
脳神経外科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。

【解説】
当院脳神経外科では脳動脈や頚動脈のカテーテルを用いた検査及び手術が多くなっています。このカテーテル検査は脳動脈瘤の破裂による脳出血や脳動脈や頚動脈の狭窄による脳梗塞の予防に繋がっています。また脳動脈瘤の破裂を未然に防ぐ「コイル塞栓術」の件数も多くなってきています。脳梗塞を発症した場合でも循環器内科同様、緊急カテーテル手術を行える体制を整えておりますので、年々件数が増えてきています。当院では回復期リハビリテーション病棟を有しているため、脳卒中を発症しても急性期から回復期まで一連の管理が出来るようになっています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 11.44
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 5.68
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 3.35
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14.60
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 3.59
【定義】
放射線科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院放射線科では各症例が10件には満たないものの、カテーテルを用いた治療やCT下で行う経皮的針生検等を中心に診療を実施しております。特に肝細胞癌に対する「血管塞栓術」や透析シャント狭窄に対する「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」等行っており、他院からの紹介患者が多数来院されます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18.66
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17.71
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20.83
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11.14
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 9.99
【定義】
神経内科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院神経内科では、パーキンソン病が最も多くなっています。非常勤医師にて対応しているため、各症例とも10件には満たないですが、神経系疾患について専門的な診療が可能であり、入院治療も出来る体制を整えております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 9.05 8.50 0.00 66.50
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 19 31.58 36.38 0.00 66.74
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 14.30 12.23 0.00 78.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20.83
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14.30
【定義】
腎臓内科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院腎臓内科では、年間70件程度の慢性腎不全関連の症例があります。中でも透析シャントの新規作成と透析導入を一入院で行う症例が19件となっており、毎年年間約20人の患者が当院にて維持透析を開始している状況です。当院では血液浄化センターを有しており、約280名の透析患者が通院しております。また、腹膜透析を導入される患者も徐々に増えてきています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 42 13.19 16.48 4.76 72.50
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定期副傷病なし 21 17.33 17.04 0.00 74.52
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 13 52.23 40.97 0.00 71.54
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 14.45 10.28 0.00 77.91
130030xx99x6xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 6あり 11 60.45 19.50 0.00 77.18
【定義】
血液内科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。

【解説】
当院血液内科では、悪性リンパ腫に対する化学療法が中心となっています。その他、白血病、多発性骨髄腫等の化学療法も実施しており、大隅半島を中心に血液疾患患者の受け入れを積極的に行っております。また、無菌治療室の設置やがん専門の認定看護師も配置しており、化学療法を行う体制を整えております。化学療法については外来通院で行えるよう、外来に化学療法室を設置し、年々、通院で化学療法を行う患者数が増えてきております。
糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 85歳未満 14.27
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病なし 85歳未満 14.63
【定義】
糖尿内科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院糖尿内科では、糖尿病の教育入院を中心に入院診療を行っています。非常勤医師にて対応しているため、件数は少なくなっておりますが、糖尿病の管理はもちろん、各専門診療科と連携を図り、糖尿病による多種の合併症にも早期に対応しています。また、糖尿病専門医による細やかな血糖コントロールや保健師による生活指導等が行える体制も整えております。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 13 2.00 4.42 0.00 44.62
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)等 手術・処置等2なし 12 15.08 11.45 8.33 60.25
090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病なし 12 2.00 8.86 0.00 47.00
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし 12 2.00 4.49 0.00 54.75
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 10.15
【定義】
乳腺外科について、件数の多いDPCの上位5位の患者数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢を示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院乳腺外科では、平成28年度より乳癌に対する手術件数が増え、それに伴う化学療法の件数も大幅に増加しました。平成29年度も更に術後化学療法の件数が増えている状況です。当院での術後化学療法は1泊入院となっており、全国の平均と比較しても短くなっています。また当院では女性医師、女性スタッフのみによる診療をしているため安心して受診できる体制を整えております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 14 23 13 1 7
肺癌 36 81 1 7
肝癌 50 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
・5大癌について平成29年度に退院した患者が対象で、延べ患者を表示しております。
・初発の病期分類はUICC(※1)のTNM分類(※2)に基づいたものです。
・疑い病名等でTNM分類が不正確なもの等は「不明」としております。
・「初発」とは当院において癌の診断または初回治療を実施した場合を指します。
・「再発」とは一連の初回治療が完了したあと当院で診療した場合や癌が悪化、再発、転移したものを指します。
・尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院での5大癌の治療実績は初発に関しては乳癌が最も多く、再発は肺癌が最も多くなっております。乳癌は切除術を行っているためStageⅠ~Ⅱが中心であり術後化学療法の件数も増加しました。肺癌はStageⅣが最も多く、切除不能の癌に対する化学療法が中心となっています。また薬剤を変更し、継続して化学療法を行っているため再発の件数も多くなっています。肝癌については再発がほとんどで、カテーテルを用いた「肝動脈塞栓術(TAE)」を行っているため件数が多くなっています。当院では、年々、癌の治療件数が増えており、5大癌以外にも血液系の癌(白血病や悪性リンパ腫等)に対する治療も充実しております。

・【※1】UICC :国際対がん連合のことです。
・【※2】TNM分類:がんの病期と進展度を示したものです。TNMの組み合わせでStageを決定します。
              T:原発腫瘍の進展範囲
              N:所属リンパ節転移の有無と進展範囲
              M:遠隔転移の有無
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 73 19.75 81.15
重症
超重症
不明
【定義】
・平成29年度に退院した成人の市中肺炎の患者を対象としています。成人とは20歳以上です。
・市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
・重症度は市中肺炎ガイドラインにより重症度分類システム(A-DROPスコア)により分類しております。
・尚、患者数が10未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院では中等症の肺炎が最も多く、10件未満ですが重症や超重症の症例もあります。高齢者になるにつれ重症化する傾向にあり、在院日数も延びる傾向にあります。

(参考)
A-DROPスコア
1.年齢(Age)           :(男性)70歳以上 (女性)75歳以上
2.脱水(Dehydration)     :BUNが21mg/dL以上または脱水あり
3.呼吸(Respiration)      :SpO2が90%以下(PaO2:60Torr以下)
4.意識障害(Orientation)   :意識障害あり
5.収縮期血圧(Pressure)   :収縮期血圧が90mmHg以下

※重症度は5点満点、各項目1点。
軽症:スコア0 中等症:スコア1~2 重症:スコア3 超重症:スコア4~5
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 70 52.57 76.84 6.25
その他 10 85.50 73.80 0.00
【定義】
・この表は脳梗塞発症後どのくらいで治療を開始しているかをICD-10別に「3日以内」と「その他」に分け、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率について表示しています。
・ICD-10とは「疾病、傷害および死因統計分類提要 第10回修正版」のことであり、WHO(世界保健機関)により公表されている疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。死因統計や疾病統計、診療記録の管理などに活用されます。
・尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院では8割以上が発症から3日以内に治療を開始しています。平均年齢は70代です。当院は超急性期脳梗塞に対して行うt-PA療法やカテーテルを用いた「経皮的血栓回収術」も実施できる体制を整えており、脳梗塞患者の積極的受け入れを行っています。また、回復期リハビリテーション病棟を有しており、脳卒中の急性期から回復期まで、総合的な管理をする事ができます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
【定義】
呼吸器内科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
呼吸器内科では悪性腫瘍に対する化学療法が増えてきたため、薬剤を投与するためのカテーテル設置術を施行しています。また、呼吸器以外の合併症に対する手術も施行しており、高齢化による多様な合併症に対応している状況です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 36 1.11 6.53 0.00 77.92
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K654 内視鏡的消化管止血術
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)
【定義】
消化器内科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
消化器内科では肝細胞癌に対するカテーテルによる「血管塞栓術(TAE)」が最も多くなっています。ほとんどの症例で手術前日に入院し、術後1週間以内に退院となっています。治療計画通りに進むと8日程度で退院できる手術となっています。また、「内視鏡的胆道ステント留置術」や「内視鏡的乳頭切開術」等、胆道系に対する手術も多くなっております。その他、内視鏡を用いた手術を中心に診療を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 92 1.63 4.67 0.00 69.34
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 34 1.12 2.53 0.00 70.09
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 24 2.33 8.33 0.00 70.58
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)
【定義】
循環器内科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
循環器内科ではカテーテルを用いて狭くなった心臓の血管(冠動脈)にステントを留置し拡張する「経皮的冠動脈ステント留置術」が最も多くなっています。また、ステントを使用せずバルーンのみで拡張する「経皮的冠動脈形成術」も多く、ステント留置術と合わせると年間120件以上、1ヶ月に10件以上の頻度で実施しています。また、急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル手術も件数が増えてきています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠経ヘルニア手術 11 1.55 5.64 9.09 70.45
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 2.09 8.55 0.00 67.18
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術)
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
【定義】
外科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
外科では鼠経ヘルニアの根治術や腹腔鏡を用いた手術を中心に行っております。昨年度と比較すると件数も増えてきています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 36 8.72 73.00 8.33 82.78
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 18 9.39 66.83 0.00 83.11
K093 手根管開放術
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝)
【定義】
整形外科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
整形外科では主に大腿骨頚部骨折(下肢の付け根の骨折)に対する手術が中心で年間54件実施しております。平均年齢は80代であり入院から退院まで約2~2ヶ月半となっています。術後は回復期リハビリテーション病棟へ転棟し、在宅復帰に向けたリハビリを実施しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 8.36 10.73 0.00 77.36
K178-4 経皮的脳血栓回収術
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
【定義】
脳神経外科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
脳神経外科では狭くなった頚動脈(首から頭にかけて流れる動脈)をカテーテルを用いて拡張する「経皮的頸動脈ステント留置術(CAS)」が最も多くなっています。また、超急性期脳梗塞に対する「経皮的脳血栓回収術」や脳動脈瘤に対しコイルを用いて破裂を防いだり、破裂した血管を塞ぐ「脳血管内手術(コイル塞栓術)」も実施しています。平均年齢は70~80代であり、患者層は高齢であると言えます。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 30 0.03 0.70 6.67 66.13
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術)
K608-3 内シャント血栓除去術
【定義】
放射線科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
放射線科では、主に透析患者へ行う「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」が多く実施されています。これは、カテーテルを用いて透析シャントの狭窄や閉塞を治療する手術です。当院の透析患者はもちろん、他院の透析患者も多く紹介受診されます。計画通りに進んだ場合、入院当日に手術を行い、翌日には退院できる手術です。その他の手術もカテーテルを用いて実施する手術を中心に行っております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 50 6.14 10.68 0.00 66.70
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
K608-3 内シャント血栓除去術
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈)
【定義】
腎臓内科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
腎臓内科では、透析シャントの新規作成及び再作成の手術が最も多くなっています。また、放射線科同様、カテーテルを用いて行う「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」も多く、主に透析に関連する手術を中心に実施しています。腹膜透析を導入する患者も増えており、腹膜透析のためのカテーテル腹腔留置術も増えています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満)
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)
【定義】
血液内科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
血液内科では、診断の為のリンパ節摘出術や、抗癌剤投与のためのカテーテル留置術が中心となっています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う))
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上)
【定義】
乳腺外科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
乳腺外科では乳癌の切除術が中心となっています。また術後の化学療法の件数も増えております。当院では女性医師、女性スタッフのみで診療を実施しており、安心して受診することができます。乳癌検診も実施しており、癌の早期発見に繋がっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 60 2.47
異なる
【定義】
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして、「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他の真菌感染症」、「手術・処置後の合併症」について、医療資源を最も投入した病名と入院の契機となった病名が同一か異なるかを区別して症例数と発生率を示したものです。尚、症例数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

【解説】
当院では「手術・処置後の合併症」が60件、発生率が2.47%と多くなっておりますが、透析患者の透析シャント狭窄や閉塞に対し、カテーテルによる「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を行っております。「手術・処置後の合併症」が突出して多くなっている理由として、当院では約280名程度の透析患者を診ており、更に他院からもシャント拡張術目的に紹介される患者が多数いらっしゃるため、件数が多くなっております。
更新履歴