平成27年度 池田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 17 18 33 83 190 462 560 591 114
・定義
 平成27年度に退院した患者様の年齢階級別患者数です。

・解説
 主に60代~80代の患者様がご利用されており、全体の8割弱を占めております。一番多い年代は80代で、次いで70代となっております。地域の高齢化を反映していると言えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 37 28.86 20.63 5.41 74.43
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 29 29.76 14.34 3.45 71.93
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 23 29.61 13.38 4.35 69.52
・定義
 呼吸器内科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数(自院・全国)・転院率・平均年齢を表示しております。

・解説
 呼吸器内科は主に間質性肺炎、通常の感染による肺炎が中心です。自院の平均在院日数は、どの項目も全国と比べ長くなっています。これは当院が療養病棟を有しており、急性期の治療が終了したあとも療養病棟でリハビリ等を行い、在宅復帰を目指しているためです。平均年齢を見ても70歳前後の高齢者が多く、併存症を多く患っている患者様が多いため在宅復帰には時間がかかりこのような結果となっております。
また、肺癌の化学療法の件数も多くなってきており、当院でカバーできる疾患も徐々に増えてきつつあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 32 13.50 11.98 3.13 75.75
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 19 25.42 16.76 10.53 65.74
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 13.18 9.21 36.36 77.91
・定義
 消化器内科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数(自院・全国)・転院率・平均年齢を表示しております。

・解説
 消化器内科は肝疾患が中心で、肝癌に対するカテーテルによる血管塞栓術が最も多くなっております。次いでアルコール性肝障害、胆管結石や胆管炎等の胆道疾患となっております。胆道系の疾患に関しては転院率が高くなっており約35%の方が転院となっております。これは外科的手術が必要な患者様を他院へ紹介しているためです。アルコール性肝障害の転院率についてはアルコール依存症の治療のため転院となった症例であり約1割の患者様が転院となっております。また消化器内科も平均在院日数が全国より長くなっております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 151 4.81 3.07 0.00 70.27
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1、2あり 手術・処置等2なし 79 10.13 4.87 0.00 68.97
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 25.98 18.30 2.33 83.37
・定義
 循環器内科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数(自院・全国)・転院率・平均年齢を表示しております。

・解説
 循環器内科は冠動脈(心臓に酸素や栄養を送る血管)に対する心臓カテーテル検査が最も多くなっております。検査だけで151件あり、2位のカテーテル手術まで含めると年間230件実施しております。全診療科の中でも突出して件数が多く、カテーテル検査に関しては毎月10件以上の診療実績があります。カテーテル検査及び治療の平均年齢は約70歳、心不全は83歳となっております。また、循環器内科についても全国と比べ平均在院日数が長くなっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 25 67.20 28.70 0.00 81.12
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 11 34.45 21.52 0.00 81.09
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 - - 5.88 - -
・定義
 整形外科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数(自院・全国)・転院率・平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

・解説
 整形外科は大腿骨頚部骨折 手術ありの件数が最も多くなっております。また2位も胸椎及び腰椎の圧迫骨折の症例でどちらも平均年齢が81歳であり、高齢者の転倒による受傷が多い事を表しております。平均在院日数も全国と比べ非常に長くなっており、これは当院が有している回復期リハビリテーション病棟でのリハビリ実施にて長くなっているためです。受傷前と同じADLまで回復し、患者様が安心して生活が出来るよう時間をかけリハビリを行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 24 9.63 3.02 0.00 70.38
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 3あり 副傷病なし 16 29.63 18.08 0.00 73.94
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 10.07 7.52 0.00 73.71
・定義
 脳神経外科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数(自院・全国)・転院率・平均年齢を表示しております。

・解説
 脳神経外科は頚動脈や脳動脈のカテーテル検査が最も多くなっております。この検査は脳動脈瘤の破裂による脳出血や脳梗塞の予防に繋がっています。当院では回復期リハビリテーション病棟を有しているため脳卒中を発症しても急性期から回復期まで一連の管理が出来るのが特徴です。そのため平均在院日数が全国と比べ長くなっております。平均年齢は70代前半となっております。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 31 1.94 3.40 0.00 64.68
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 3.29 - -
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 11.98 - -
・定義
 放射線科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数(自院・全国)・転院率・平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

・解説
 放射線科は主にカテーテルによる透析シャントの拡張術を行っており、その他にも診断目的のCT下生検(CT下で病変部分の組織を直接採取する検査法)や肝癌の血管塞栓術を行っております。透析シャント拡張術に関しては他院からの紹介も多く件数が多い結果となっています。平均在院日数も全国と比べ短くなっており、1泊入院もしくは日帰り入院での治療を行っているためです。平均年齢も64歳と当院においては比較的若い年齢層となっております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 11.06 9.71 9.38 68.72
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 25 31.72 13.14 8.00 66.80
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等2 5あり 副傷病なし 19 16.21 13.64 0.00 67.37
・定義
 腎臓内科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数(自院・全国)・転院率・平均年齢を表示しております。

・解説
 腎臓内科は透析導入のための透析シャント新規作成目的での入院が最も多く、次いで透析シャント狭窄や閉塞に対するシャントの再作成目的での入院が多くなっております。平均年齢は66歳から68歳となっております。当院では透析患者様が多数いらっしゃいますので患者数も他診療科と比べ比較的多くなっています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 18 17.11 14.34 0.00 79.61
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 14 47.14 43.59 0.00 49.14
130040xx99x50x 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 副傷病なし - - 24.78 - -
・定義
 血液内科について、患者数の多いDPC14桁分類トップ3の平均在院日数・転院率・平均年齢を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

・解説
 血液内科で最も多かったのは感染による肺炎となっております。当院で行っている抗癌剤治療は主に白血病、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫に対するものです。平均在院日数は全国と比べ3~4日程長くなっており、平均年齢を見ても特に急性白血病は49歳と若くなっております。当院では大隅半島を中心に血液疾患の患者様の受け入れを積極的に行っております。無菌治療室も設置し、各血液疾患に対する化学療法の件数も増えてきております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 0 0 0 0 0 1 7
大腸癌 1 2 0 1 0 0 1 7
乳癌 6 14 0 1 0 3 1 7
肺癌 0 3 9 39 11 23 1 7
肝癌 2 3 1 1 0 41 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・定義
 ・5大癌について平成27年度に退院した患者様が対象で、延べ患者を表示しております。
 ・初発の病期分類はUICC(※1)のTNM分類(※2)に基づいたものです。
 ・疑い病名等でTNM分類が不正確なもの等は「不明」としております。
 ・「初発」とは当院において癌の診断または初回治療を実施した場合を指します。
 ・「再発」とは一連の初回治療が完了したあと当院で診療した場合や癌が悪化、再発、転移したものを指します。

・解説
 当院での5大癌は主に肺癌が多くを占めており、その中でも転移を認める「StageⅣ」の件数が多くなっております。肺癌に関しては抗癌剤治療が中心となっております。その他、乳癌については手術による診療実績が増えてきております。肝癌についてはカテーテルを用いた血管塞栓術の件数が多いため再発の件数が多くなっています。

(参考)
  ・(※1)UICC:国際対がん連合のことです。
  ・(※2)TNM分類:がんの病期と進展度を示したもの。TNMの組み合わせでStageを決定します。
               T:原発腫瘍の進展範囲
               N:所属リンパ節転移の有無と進展範囲
               M:遠隔転移の有無
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 19 16.95 60.32
重症度 1 27 23.04 79.59
重症度 2 39 24.62 82.62
重症度 3 7 35.00 83.57
重症度 4 2 3.50 82.00
重症度 5 0 0.00 0.00
不明 0 0.00 0.00
・定義
 ・平成27年度に退院した成人の市中肺炎の患者様を対象としております。成人とは20歳以上です。
 ・市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
 ・重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPスコア)により分類しております。

・解説
 最も症例数が多かったのは重症度2で、重症になるほど平均在院日数も延びております。中等症(スコア1~2)が最も多くなっております。また、重症度が上がると平均年齢も高くなっており、高齢になるほど重症化しやすい傾向にあると言えます。

(参考)
 A-DROPスコア
 1.年齢(Age)         :(男性)70歳以上 (女性)75歳以上
 2.脱水(Dehydration)   :BUNが21mg/dL以上または脱水あり
 3.呼吸(Respiration)   :SpO2が90%以下(PaO2:60Torr以下)
 4.意識障害(Orientation) :意識障害あり
 5.収縮期血圧(Pressure) :収縮期血圧90mmHg以下

※重症度は5点満点、各項目1点。
軽症:スコア0 中等症:スコア1~2 重症:スコア3 超重症:スコア4~5
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 4 8.25 78.25 0.00
その他 1 3.00 68.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 55 45.05 76.53 2.86
その他 15 69.07 77.8 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 8.67 82.33 0.00
その他 30 9.77 72.27 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 2 3.00 60.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 3.00 43.00 0.00
その他 1 3.00 65.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
・定義
 ・この表は脳梗塞発症後どのくらいで治療を開始しているかをICD-10別に「3日以内」と「その他」に分け、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率について表示しています。
 ・ICD-10とは「疾病、傷害および死因統計分類提要 第10回修正版」のことであり、WHO(世界保健機関)により公表されている疾病及び関連保健問題の  国際統計分類です。死因や疾病統計、診療記録の管理などに活用されます。

・解説
 当院では全体の約半数が発症から3日以内に治療を開始しております。また、カテーテル検査や治療も行っている為、脳梗塞に至らず予防出来たり、早期発見に繋がっています。当院は脳梗塞を発症しても回復期リハビリテーション病棟を有している為、急性期から回復期まで総合的に管理することができます。脳梗塞の発症平均年齢は主に60代~80代前半となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 25 1.56 12.12 4.00 76.44
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
・定義
 消化器内科について、主要手術の患者数、術前・術後平均日数、転院率、平均年齢等を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

・解説
 消化器内科では肝癌に対するカテーテルによる血管塞栓術が最も多くなっており、平均術前日数は1.56日で手術前日に入院し翌日に手術を施行する流れとなっております。平均術後日数は12.12日でほとんどの患者様は術後2週間以内に退院しています。その他にも消化器内科では腹水を抜き濾過・濃縮後必要な成分のみを体内へ戻す「胸水・腹水濾過濃縮再静注法」や内視鏡を用いて食道や胃の静脈瘤破裂を予防する「内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術」も行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 67 4.49 5.85 0.00 68.66
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 18 1.89 3.94 0.00 68.11
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 18 5.39 8.83 0.00 73.33
・定義
 循環器内科について、主要手術の患者数、術前・術後日数、転院率、平均年齢等を表示しております。

・解説
 循環器内科はトップ3がカテーテルを用いた手術であり、特に「経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)」が最も多くなっております。「経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)」については平均術前日数が4.49日、平均術後日数が5.85日となっており、平均して約10日間の在院日数となっております。平均年齢は68歳です。またステントを用いない「経皮的冠動脈形成術(その他のもの)」に関してはステント留置よりも短く、平均術前日数が1.89日、平均術後日数が3.94日となっております。「四肢の血管拡張術・血栓除去術」については平均年齢が73歳、平均術前日数が5.39日、平均術後日数が8.83日と冠動脈のカテーテル手術よりも長くなっております。どの手術も転院率は0%となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 16 8.69 65.88 0.00 85.5
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 13 8.38 54.46 15.38 76.23
K0811 人工骨頭挿入術(股) 13 14.15 65.82 0.00 77.85
・定義
 整形外科について、主要手術の患者数、術前・術後日数、転院率、平均年齢等を表示しております。

・解説
 整形外科は大腿骨頚部骨折に関する手術がトップ3となっております。平均術前日数については「骨折観血的手術(大腿)」、「関節内骨折観血的手術(股)」が約8日、「人工骨頭挿入術(股)」が14.15日となっております。各種術前検査を実施しているため1週間から2週間程度かかっている状況です。平均術後日数については3手術とも約2か月程度、平均年齢は76歳~85歳となっております。当院は回復期リハビリテーション病棟を有しておりますので、術後リハビリも充実しております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 13 10.46 15.92 7.69 74.23
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
・定義
 脳神経外科について、主要手術の患者数、術前・術後日数、転院率、平均年齢等を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

・解説
 脳神経外科は「経皮的頸動脈ステント留置術」が最も多くなっております。平均術前日数は10.46日、平均術後日数は15.92日で平均年齢は74歳となっています。「経皮的頸動脈ステント留置術」とはカテーテルを用いて頸動脈を拡張後ステントを留置する手術です。次いで同じくカテーテルを用いて行う「脳血管内手術(1箇所)」も実施しております。これは”コイル”を使用し脳動脈瘤の破裂を予防する手術です。当院での脳神経外科領域の手術の種類や件数も徐々に増えてきております。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 31 0.00 0.94 0.00 64.68
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
・定義
 放射線科について、主要手術の患者数、術前・術後日数、転院率、平均年齢等を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

・解説
 放射線科においてもカテーテル手術がトップ3です。特に透析シャントに対する拡張術が最も多く、他院からの紹介患者様も多くいらっしゃいます。平均術前日数は0日で全症例入院当日に手術を実施しており、術後は1泊もしくは日帰りのため、平均術後日数も1日を切っております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 82 12.09 20.71 4.88 67.27
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K6233 静脈形成術、吻合術(その他の静脈) - - - - -
・定義
 腎臓内科について、主要手術の患者数、術前・術後日数、転院率、平均年齢等を表示しております。尚、患者数が10件未満の症例に関しては「-」で表示しております。

・解説
 腎臓内科は透析シャントの新規及び再作成の手術が最も多くなっております。平均術前日数は12.09日と長いですが、新規作成目的のみの場合は1泊2日の入院がほとんどです。平均術後日数に関しても透析シャント作成後、透析導入まで行う症例があるため20.71日と長くなっております。また、患者数は10件に満たないですが3位の「静脈形成術・吻合術(その他の静脈)」も透析シャントに関する手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180010 敗血症 同一 9 0.44
異なる 2 0.10
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 82 3.97
異なる 2 0.10
・定義
 医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして、「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他の真菌感染症」、「手術・処置後の合併症」について、医療資源を最も投入した病名と入院の契機となった病名が同一か異なるかを区別して症例数と発生率を示したものです。

・解説
 「手術・処置後の合併症」が82件、発生率が3.97%と特に多くなっておりますが、当院では透析患者様の透析シャント狭窄や閉塞に対し、カテーテルによる「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を行っております。「手術・処置後の合併症」が突出して多くなっている理由として当院では多くの透析患者様を診ており、当院の患者様はもちろん、他院からもシャント拡張術目的に紹介される患者様が多数いらっっしゃるため「手術・処置後の合併症」の件数が多くなっております。
更新履歴